• TOP>
  • スタッフ紹介

宮脇 綾子

宮脇 綾子
・設計アシスタント兼保育士
宮脇 綾子
-AYAKO MIYAWAKI-
温かい言葉掛けと気持ちで、隣に寄り添って

 人見知りで、幼稚園に「行きたくない!」と言っていた私が、保育士になりました。お子様は、初めての場所、初めて会う人には、きっと楽しみと緊張でドキドキしながら来店されると思います。小さい頃の経験があったからこそ、お子様の色々な気持ちに寄り添えると思います。
 無理強いせず、段々と心の距離を詰めながら、お子様と好きな遊びを楽しんだり、時には遊びを提案したり、“アーキコラボで過ごす時間が楽しい!“ ”あっという間に帰る時間だ!” “またアーキコラボで遊びたい!” そう思ってもらえるような関わりを心掛けています。
 キッズルームのおもちゃは、安全面、衛生面に配慮し、おもちゃの点検・消毒、ぬいぐるみの天日干しなど定期的に行っておりますので、安心して遊ぶことが出来ます。
 お子様の保育以外では、受付業務や事務、設計士のアシスタントをしています。細かい作業が好きですので、図面のトレースでは、線書きや色塗りなど、お客様のこれからの未来や夢がたくさん詰まった図面を、心を込めて丁寧に書かせて頂いています。
 小さい頃から、自分で何か作ることが好きで、よく両親や祖父母から、空き箱やカップの空き容器をもらっては、「○○のおうち!」と自分でミニチュアの部屋や家を作ったり、布切れをもらっては、針と糸で 洋服を作ったり、要らなくなった板をもらっては、トンカチで釘を打ってみたり、、、自由に創作していました。
 幼少期から、もの作りや家作りに興味があり、現在アーキコラボでお仕事させて頂いている毎日は、楽しさや面白さ を感じ、保育士の仕事以外に何かを学び、日々挑戦する毎日に、とてもやりがいを感じています。
 アーキコラボの室内や雰囲気も温かく、スタッフも皆さん優しく親身になってくれる方々です。きっとステキなお家が出来ると思います。
 スタッフの皆さん、お客様を陰でサポートしながら、お子様と楽しい時間を一緒に過ごしたいと思います。
 アーキコラボでのお客様、お子様と大切な出会いを楽しみにお待ちしております。

・保育士 ・幼稚園教諭 ・障害児保育担当者
一覧に戻る
SNSでも、様々な情報を発信しております。ぜひご覧ください。