• TOP>
  • スタッフ紹介

スタッフ紹介

    設計・インテリア担当

    八汐 勇志  -YUSHI YASHIO-

    ・鹿児島工業高等学校
    ・湖東カレッジ情報建築専門学校 建築学科卒

    本当に『良い家』とは、、、

    小さい頃から工作やモノ作りが好きで、将来は大工になりたいと考えていました。建物の中でも、特に住宅が好きで、家に関することはなんでもも興味がありました。工業高校を経て、建築の専門学校に進み、建築の基礎知識を学びました。施工と設計、どちらにも興味がありましたが、まずは住宅の現場監督の仕事に就きました。家づくりの経験を重ねる内に、お客様にとっての本当に『良い家』とは何だろうと考えるようになりました。そんな時、自分の家を建てることになり初めて自分で設計を行いました。プランを考えていく中で、『良い家』の形は一つではないということに気が付き、設計という仕事の重要さと、面白さを感じました。デザイン性、住みやすさ、ライフスタイルに合った設計があるからこそ、良い家づくり出来ていくのだと思います。施工の経験を活かしてお客様と一緒に想いを共有し、『良い家』作りのお手伝いをしていきたいです。

    設計・インテリア担当

    松田 恵利加 -ERIKA MATSUDA-

    ・鹿児島県鹿児島市出身

    楽しみながら家づくりを

    お客様の思考も十人十色で様々な『家づくりに対する想い』があると思います。
    私は、イメージを形にするのが仕事です。

    これまでの仕事では、物の配置や色のバランスを考えることが多く
    今回のアーキコラボの内装デザインも任せてもらいました。

    どうすればこの家具がもっと綺麗に見えるのか、外から見た時どんな感じで見えるのか?
    居心地の良い空間は、人それぞれ違うと思います。
    打ち合わせでは、お客様がどんな家にしたいかお話を伺ってプラン作成をします。
    外観や内観のイメージを描いて、手作業で色付けをします。
    それを元にお客様にプランを説明。
    お客様の想いが設計に反映されているかを確認しながら床や壁の色など細かいところまで打ち合わせを繰り返します。
    だからこそ本当にいいものを提案したいですし、ダメなものはダメとしっかり伝えます。
    友人には、家づくりで失敗して欲しくないですから。
    家づくりは一生に一度。楽しい反面、悩んだり、迷ったりの連続です。
    家づくりをする上で頼りになる〝友人″であり、身近に寄り添える関係でありたいと思います。

    一生に一度の家づくり、お客様と一緒に楽しみながら最高の家づくりをしたいと思います。

    ・設計・インテリア担当

    小園祐理 -YURI KOZONO-

    ・鹿児島県鹿児島市出身

    こだわりを取り入れながら〝素敵で永く住める家〟

    小さい頃から週末に入る家のチラシを見るのが大好きでした。
    そして間取りを見ては兄と、『自分たちの部屋はこっちー!』と指しながら遊んでいました。
    また女の子同士で遊ぶときは、もっぱら“シルバニアファミリー”でした。
    小さなダイニングテーブルやイスなど自分たちの好きなように並べ替え、子供ながらに毎回家具の配置は考えながら遊んでいた記憶があります。
    その頃から、家に関する仕事に魅了されていたのかもしれません。
    その後インテリアデザイン科の専門学校へ進み、不動産業の賃貸営業職として7年間勤めておりました。
    その中で別な部署のお手伝いとして、建売の仕様決めの打ち合わせに参加させていただく機会が何度かあり、家作りの楽しさを感じました。
    そして、“いつかは自分でお客様の家を設計したい”という思いが強くなりこの仕事に就きました。
    こだわりを取り入れながら“素敵で永く住める家”を作るには、見えない部分での工夫が欠かせません。勉強会に参加したり、専門誌の参考になるページを切り抜いて、デザイン性の高く、住みやすい間取りの家を作れるよう、さらに学んでいき、お客様に喜んでいただける家作りをしていきたいです。

    お客様の笑顔が私の元気の源です。

    ・設計アシスタント兼保育士

    宮脇 綾子 -AYAKO MIYAWAKI-

    ・鹿児島県薩摩川内市出身

    温かい言葉掛けと気持ちで、隣に寄り添って

     人見知りで、幼稚園に「行きたくない!」と言っていた私が、保育士になりました。お子様は、初めての場所、初めて会う人には、きっと楽しみと緊張でドキドキしながら来店されると思います。小さい頃の経験があったからこそ、お子様の色々な気持ちに寄り添えると思います。
     無理強いせず、段々と心の距離を詰めながら、お子様と好きな遊びを楽しんだり、時には遊びを提案したり、“アーキコラボで過ごす時間が楽しい!“ ”あっという間に帰る時間だ!” “またアーキコラボで遊びたい!” そう思ってもらえるような関わりを心掛けています。
     キッズルームのおもちゃは、安全面、衛生面に配慮し、おもちゃの点検・消毒、ぬいぐるみの天日干しなど定期的に行っておりますので、安心して遊ぶことが出来ます。
     お子様の保育以外では、受付業務や事務、設計士のアシスタントをしています。細かい作業が好きですので、図面のトレースでは、線書きや色塗りなど、お客様のこれからの未来や夢がたくさん詰まった図面を、心を込めて丁寧に書かせて頂いています。
     小さい頃から、自分で何か作ることが好きで、よく両親や祖父母から、空き箱やカップの空き容器をもらっては、「○○のおうち!」と自分でミニチュアの部屋や家を作ったり、布切れをもらっては、針と糸で 洋服を作ったり、要らなくなった板をもらっては、トンカチで釘を打ってみたり、、、自由に創作していました。
     幼少期から、もの作りや家作りに興味があり、現在アーキコラボでお仕事させて頂いている毎日は、楽しさや面白さ を感じ、保育士の仕事以外に何かを学び、日々挑戦する毎日に、とてもやりがいを感じています。
     アーキコラボの室内や雰囲気も温かく、スタッフも皆さん優しく親身になってくれる方々です。きっとステキなお家が出来ると思います。
     スタッフの皆さん、お客様を陰でサポートしながら、お子様と楽しい時間を一緒に過ごしたいと思います。
     アーキコラボでのお客様、お子様と大切な出会いを楽しみにお待ちしております。

next contents

家づくりの流れ »

SNSでも、様々な情報を発信しております。ぜひご覧ください。